ワキガとアポクリン汗腺の関係

体から出たばかりの汗は実は無臭であり、サウナなどで大量に汗をかいたとしても臭いにおいを放つことはありません。この汗をエサとして細菌が増えた時、最近の老廃物が臭い物質を放ちます。これがワキガ臭なのです。汗の成分・細菌の種類の組み合わせによりさまざまな臭い物質に分かれます。
特徴のある汗の臭いを持つワキガは、汗腺の種類によるものです。人間の汗が出る穴である汗腺には、アポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺という3つの種類があります。そのうち割合を多く占めているのがエクリン腺で、全身の広範囲にわたって存在し、体温調節の役割を持っています。ここから出る汗のほとんど(99%)は水分となっていますので、無臭です。アポクリン汗腺はワキの下・陰部・肛門・乳輪・耳の中といった限定された部位に存在します。ここから出る汗は色が白っぽく粘り気を持ち、水分の他にタンパク質・糖質・脂質・アンモニア・鉄分などを含んでおり、皮膚常在菌によってこれらが分解されると独特のワキガ臭となるのです。
このアポクリン汗腺は誰もが持つものですが、その数と大きさにより、ワキガ体質であるかどうかが決まります。数は生まれつき決まっていて、第二次性徴の時期にアポクリン汗腺も大きくなってくることが分かっています。老年とともに小さくなると言われています。また、日本人ではアポクリン汗腺を多く持ちワキガ体質である人の割合は約10%であり、欧米人では約80%にもなります。日本人では割合が少ないために、余計目立つのかもしれません。

カテゴリー: ワキガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です