ワキガは遺伝が何%?


ワキガは生まれ持った体質の一つであり、遺伝によるものがほとんどです。両親の片方がワキガという場合にも遺伝しますが両親ともにワキガとなれば八十パーセントの確率で子供もニオイに悩まされることになってしまいます。しかもワキガは自覚症状がないという人が大半であり、家族揃ってワキガで誰も気づいていないという家庭も中にはあります。臭いことを周りから指摘されなければ気付くことができませんが、他人に臭いと言うことができる人はほとんどいないので気付かないまま生活してしまうのではないでしょうか。自分の匂いが気になっているという人で、子供が生まれた際には子供に遺伝してしまっていないのかを調べておくべきです。原因となるのはアポクリン汗線は体が子供から大人に変わる思春期以降に活発になります。その頃に判断するようにしましょう。遺伝によるものということは、両親のどちらかが両方が同じ頃に悩まされていたということになるので、アドバイスをしてあげることもできます。もちろんクリームなど塗り薬で防ぐという方法もありますが症状が重度で匂いがキツイとなればクリームでは防ぎきることができません。根本的な解決法としては、手術で切るしかありません。親がワキガの場合には子供への遺伝のことも考えておき、手術をするとなればお金も必要となるので子供が生まれた際にはどれくらいの確率で遺伝するのかも考えておき、お金をある程度貯めておいてあげることも必要になります。

カテゴリー: ワキガ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です